アコムなら24時間365日借り入れ可能

アコムの特徴について

日常生活の中で起きる「お金がない!」というトラブル。そんな困ったときに便利な消費者金融ですが、数ある会社のなかでも、特に有名な会社があります。「プロミス」「アコム」「アイフル」などといった社名やサービスは、みなさんもテレビコマーシャルなどで見たことがあるでしょう。ただ、その3つにしても何がどう違うのか、どこで借りれば良いのか、借りるにはどんな審査があるのか、など分からないことはたくさんあると思います。今回はこの3つの中でもテレビコマーシャルで見かけることの多い「アコム」について、他社と比べながら見ていきたいと思います。まずアコムについてですが永作博美さんが出演しているテレビコマーシャルをご存知かと思います。「は・じ・め・て・の、アコム♪」というフレーズと優しい声は耳に残りやすいですね。このテレビコマーシャルですが、なんとYoutube上にある公式チャンネルで全て公開されています。気になった方は是非ご覧ください。さて、アコムのトレードマークになっている看板は赤色で、同じ消費者金融のアイフルと混同されがちですが、アコムは白地に赤い丸のマーク、アイフルは白地に赤のハートマークです。慌てて入った先がアイフルでした、などという事のないように、来店の際にはよくご確認ください。アコムの特徴的なサポートとしては借入も返済も、24時間即時にできる!といったところだと思います。また、他の消費者金融会社でよく見られるインターネット上でのサービスもかなり豊富です。アコムでは会員サービスとしてインターネット上で様々なことができます。まずは、あまり家に届けてほしくない明細書。こちらをインターネット上で受け取れることができます。さらに電話やインターネットを使って24時間365日、口座への振込対応をしてもらえます。しかもその対応にかかる時間は最短で1分です。返済に関しても、Pay-easy(ペイジー)というシステムを使うことで、銀行振込で24時間即時に返済ができます。ですので、自分のライフスタイルに合わせた計画的な借入と返済ができることでしょう。

アコムの店舗数

アコムは、「モビット」「プロミス」などの他の消費者金融会社に比べて、利用している会員数や店舗数が多いことが特徴的です。近年、経費削減のために店舗数が減少傾向にあるなかでもその会員数は全国に140万人、店舗数は有人の店舗が39店舗、無人の店舗は1000以上と言われています。アコムの店舗数は、消費者金融業者のなかでは一番の設置数となっており、どこにいても借入ができる、また、同じようにどこにいても返済ができるというのが魅力的ですね。アコムで返済や借入を行うには2つの方法があります。有人店舗の利用と、ATMなどの無人店舗の利用です。これは、利用者がそれぞれの借りたい理由であったり、借りたい方法によって店舗とATMを使い分ける事ができるということです。ここでは有人店舗を利用する利点について述べたいと思います。有人店舗の利用をおすすめしたいのは、次のような方です。【初めての申込みで何が必要なのか分からない方】【機械の操作に自信がない、不安だと思う方】【人に相談しながら慎重に物事を考えたい方】です。有人店舗にはもちろんサポート担当のスタッフがいますので、いちから相談しつつ契約を進められます。時間に余裕があれば、ゆっくりと丁寧な説明を聞くことが出来る、というのが最大のメリットです。無人の店舗に比べると有人の店舗数は少ないので、利用したい場合にはアコム公式サイトから利用することが出来る「店舗・ATM検索」という機能を使うことをオススメします。

アコムの審査基準

他の消費者金融がそうであるように、アコムにも利用するための審査があります。審査の内容は他の消費者金融と大きな違いこそありませんが、重点を置く部分が違うこともあります。審査に落ちやすい人の特徴は、「安定した収入がない」「金融事故を起こしている」「自力で完済出来なかった記録がある」「他社で借りすぎている」「在籍の確認がとれない」などがあります。不安な方はアコム公式サイトから、借入が可能かどうかの3秒診断をすることが出来ます。ぜひお試しください。安定した収入というにも幅が広いかと思いますが、アコムに関して言えば、労働による収入であれば、給与収入・事業収入など、どのようなものでも問題無いでしょう。ただ、確定申告書の提出を求められることもありますので、給与収入以外の方は注意が必要です。また、年金や生活保護費などは収入に入りませんので注意してください。金融事故の有無は、アコムに限らずキャッシング・ローンの審査で重要視されています。金融事故というのは過去に長期延滞や債務整理などのことを指します。これらの記録は、最長で10年、アコムだけに限っては半永久的に保存されています。過去に11年の長期延滞をしている人が再びアコムで審査の申込をしたとしても、「アコムの信頼情報」からその記録が消えることはないので審査に通るのはかなり難しいと言えるでしょう。他社からの借入については、5件がボーダーラインとなっています。他社から5件以上の借入をしている人、もしくは年収の1/3以上の金額を借入している人は、総量規制にかかるので審査を通る事はできません。在籍確認は電話で行われます。サポート担当者が個人名で「〇〇さんはいらっしゃいますか」などの確認をするのですが、勤務先が存在しない場合、もしくは実際に勤めていない場合は審査に通りません。また、産休や育休中だと休職中の扱いですので、こちらも同様です。電話以外での在籍確認も出来ますので、興味がある方はフリーコールに電話するか、申込の際にサポート担当者に頼んでみると良いでしょう。