アコムのATMの特徴

アコムのATMの特徴

先述したとおりアコムで返済や借入を行うには、大まかに分けて2つの方法があります。1つは店頭窓口に行く方法、もう1つはATMに行く方法です。さらにATMには様々な種類があります。自動無人契約機「むじんくん」はもちろんのこと、三菱東京UFJ銀行内に設置されているカードローンコーナーでも操作が可能ですし、アコム店舗内のATMも利用することが出来ます。そして特徴的なのは、提携ATMがあることです。アコムはセブン銀行ATMと提携しているので、近場のセブンイレブンから24時間いつでも利用することができる点はかなり便利だといえるでしょう。ATMを利用した際の手数料は取引金額が1万円以下の場合は108円、1万円以上の場合は216円となっています。出掛け先などで、近くのコンビニやアコムの店舗、ATMの場所がわからない時にはアコムの公式サイトを有効活用しましょう。カードローンやクレジットカードの案内とともに「店舗・ATM検索」というタブがあるはずです。クリックした先のページの検索ボタンから、近場の店舗やATMを検索することが出来ます。現在位置と近辺の住所がわからないという場合は、携帯電話やスマートフォンの検索で「現在位置からアコム」でルートが検索されることでしょう。アコムのATMを利用したことのない人であれば、どのようなものなのか、そして人にATMを使っている所を見られたりしないものか不安になると思います。アコムのATMは銀行のATMと変わらない見た目で、操作もしやすいでしょう。操作音やブース内の様子は外からだと分からないように個室になっているので、使用している最中に人と会ったり、見られたりする心配もありません。ただ、ブースから出入りするときだけは他の利用者の方とすれ違う可能性がありますので注意が必要かもしれません。